万年筆

TWSBI ECO クリアのレビュー

更新日:

TWSBI ECO クリアについて

先日、新宿の百貨店の文房具売り場をのぞいたところ、TWSBIの万年筆のフェアが開催されていました。

今まで、TWSBIの万年筆は、買いたいと思っていたのですが、字幅が日本のものと同じくらいなのか、どうにも判断できず、通販で買う気持ちにはなれなかったのです。

購入動機

池袋の百貨店の紳士服フロアの一角に、万年筆売り場があり、そこでTWSBIを販売していましたが、価格を聞いたところ他より高く感じたため、そこでも購入しませんでした。

ECOの価格を確認すると、5,000円(税別)でした。これは買うしかないなと判断。
試筆用サンプルに、いろいろな色のインクが充填されて、置いてあります。
日常で使用することを考えて、EF(極細)かF(細字)で迷っていました。

サンプル品では、EFもFも同じような線幅になるのです。
EFには黒色のインク、Fにはオレンジのインクが充填されていたせいもあるかもしれませんが、判断できませんでした。

男性スタッフに声をかけたところ、別のサンプルがあり、椅子に座っての試筆をさせてくれました。
EFでも充分な太さがあります。太すぎず、私にはちょうどよかったので、EFを購入しました。

デザイン

帰宅して開封。ぱっと見は、LAMYのSAFARI透明軸に似ていますね。

ただ、TWSBIは吸入式であるため、インクがたっぷり入ります。
カラフルなインクを入れると、透明軸からインクが見えてきれいです。

書き味

スチールニブですが、硬いという印象はありません。
インクフローが潤沢なせいでしょうか、滑らかに筆記できます。

インクフローの量は、国内メーカーの万年筆と、ヨーロッパのメーカーの万年筆との中間くらいに感じました。
あくまでもぼくの主観になりますし、個体差もあるかと思いますが。

気になる点が1つ。
キャップを外す時に、インク吸入用の尻のネジが回ってしまうことです。
キャップのネジよりも、尻のネジの方が柔らかいのです。
滅多にないとは思うのですが、気を付けないと、キャップ内にインクを漏らすことにつながりそうです。

総評

インクも吸入式で、一度の吸入で多くの文字を書くことができます。
価格もお手頃で、お勧めしたい1本です。
クリア軸を何本か購入し、いろいろなインクの色を楽しむのに良い万年筆だと思います。

Amazonはこちら
ツイスビー 万年筆 エコ クリア 極細 TW100011
Rakutenはこちら
TWSBI(ツイスビー) 万年筆 ECO(エコ)

-万年筆

Copyright© ほっこり文具 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.