万年筆

ペリカン スーベレーン M205 マーブルブルーのレビュー

更新日:

スーベレーン M205 マーブルブルーについて

ペリカンのスーベレーン・シリーズというと、高級万年筆のシリーズの代名詞のように感じています。

ペリカンには、安い万年筆から高価な万年筆まで、さまざまな種類があります。

モンブランやパーカーに比べると、価格設定が低めで手軽に購入できる万年筆が多いですね。
もちろん高価なモデルは本当に高価ですが。

購入動機

ブルーの色が好きで以前、M600のブルー縞を購入したことがあります。
ですが持て余してしまって、手放してしまいました。

しかし、1本くらいはスーベレーンの万年筆を持っていたいなと思っていました。
その頃に、雑誌でこの万年筆の発売の記事を見ました。

価格も1万円台で、悩まずに購入できます。
即断で文具店に買いに行きました。

デザイン

ストライプ柄と違い、マーブル柄は、同じものが存在しません。
1本ごとに、1点ものですね。

ぼくが購入するとき、EFのモデルは1本しかなかったため、柄を選ぶことはできませんでした。

ブルーでも、明るめの部分と、暗めの部分がはっきりしている柄です。

ペリカンの万年筆でたいへん気に入ってるのが、クリップです。
絶妙な曲がり具合で、ペン差しなどにスムースにささります。

他の万年筆だと、指でクリップを開いてあげないと、ペン差しにさすことができません。

M205で小さめのモデルですが、インクは吸入式です。
インク窓は色が暗く、パッと見ただけではインクの残量は見せません。
室内灯にかざしてみないと残量は見せません。ちょっと不便です。

書き味

ニブはEFを購入しました。

スチールのニブです。

ガチガチに硬いのかなと思ったのですが、思ったよりも柔らかく、少し筆圧が強くなっただけで、ペン先が開いてしまいます。
しかしたら個体差なのかもしれません。

インクフローは良すぎます。
国内メーカーのMくらいありました。

筆圧をかけずに軽く筆記するのが、使いこなすコツのように感じます。

総評

全体的に小ぶりで、長さも短め。
ポケットに忍ばせておくのにちょうどよいサイズの万年筆です。

キャップは回転式なので、ちょっとメモを取るという使い方には厳しいかもしれません。

ペリカンのスーベレーン・シリーズの、入門編としていかがでしょうか!

Amazonはこちら
ペリカン Pelikan 万年筆 EF 極細字 マーブルブルー クラシック M205
Rakutenはこちら
ペリカン Pelikan クラシックM205 マーブルブルー 万年筆

-万年筆

Copyright© ほっこり文具 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.