ボールペン

三菱鉛筆 uni-ball AIR(ユニボール エア)のレビュー

更新日:

ユニボール エアについて

三菱鉛筆から発売されている水性ボールペンです。
0.5と0.7の2種類があります。

普通に書いた場合には細めの字が書け、筆圧を強くしたり、ペンの角度を斜めにすると、太めの字が書けるようになっています。

購入動機

万年筆を毎日使っていると、やはりたまには息抜きして、万年筆以外を使いたくなることがあります。

最終的にはサラサに落ち着いたのですが、筆記角度によって字幅が変化するという謳い文句で発売になった、このユニボール エアに興味を持ちました。

何軒か文具店をまわったのですが、発売当初はなかなか取り扱っている店舗に巡り合えませんでした。
発売後しばらく経ってから、新宿の文具店で購入できました。

0.5mmと0.7mmがあります。店頭で試筆したところ、0.7mmは思ったより太かったため、0.5mmを購入しました。
黒、青、赤と3色揃えて購入しましたが、今は赤しか残っていません。

1本、200円(税抜)です。

デザイン

キャップ式の水性ボールペンです。
ペン先はさらさらした手触りの素材でカバーされています。

ボディは黒色で、インク残量などは見えませんね。

プラスチックの軸なので本体は軽いです。

筆記時に指が当たる部位ですが、ゴムやシリコンでのカバーはしてありません。
筆記時に強く握る人は、指が痛くなるかもしれませんね。

ペン先のデザインは、個人的な感想ですが、近未来的に感じました。
なぜか航空機の、コンコルドを思い起こしました。

書き味

さらさらした書き味です。
何年も前からある、ボールPentelに似た書き味に感じます。

メーカーが違うので、共通の部品を使っていることもないでしょう。
ペン先のボールのサイズや素材がちかいのかもしれませんね。

インクフローはかなり良いです。出すぎます。
普通のノートで、裏写りがかなり発生します。

細い字が好みの方には向きません。

無地のレポートパッドなんかに、アイデアだしで無造作に言葉を書く場合などに良さそうです。
レポートパッドなら片面ですので、裏うつりも関係ありません。

総評

インクフローが良すぎて、インクが滲みやすいです。
さらに、裏うつりも激しいです(笑)

両面に筆記するノートに使用するのはつらいかもしれません。

書き味の欄にも書きましたが、アイデアだしに書きなぐる場合の用途には良さそうです。

Amazonはこちら
uni ユニボールエア0.5mm黒 UBA20105.24 ボールペン
Rakutenはこちら
三菱鉛筆 水性ボールペン ユニボールエアー 05 黒 UBA20105.24

-ボールペン

Copyright© ほっこり文具 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.