万年筆

Twsbi Go のレビュー

更新日:

Twsbi Goについて

Twsbiの万年筆には以前から興味を持っていました。

ちゃんとした万年筆なのに安い価格で販売されているため、手軽に購入できるなと思っていたからです。

ただし、販売店が生活圏に見つからなかったため、購入するチャンスがありませんでした。

2019年に、新宿の百貨店で、Twsbi Ecoが販売されているのを見つけ、はじめて購入しました。

今回ご紹介するTwsbi Goは、尻軸にバネが仕込んであり、バネの力を利用してインクを吸入する万年筆です。
軸が透明で、機構も見えて面白く感じます。

購入動機

雑誌で見て、バネのピストンでインクを吸入する方式が面白いなと思っていました。

2019年にTwsbi製品が販売されている百貨店で取り扱いが開始されるのを待ち、購入しました。

字幅はFがほしかったのですが、購入した店舗にはM、B、1.1しか置いていません。
店員さんに確認したところ、EFとFは入荷がなかったとのことでした。

一度は購入をあきらめて、他の店舗で販売していないか、百貨店や文具店をいくつか回りましたが、販売している店舗を見つけることはできませんでした。

ならばと思い、Mを購入しました。

価格は、税抜きで3,400円、消費税込みで3,740円でした。
ネットでなら、少し割引して売っています。

デザイン

ぼくはTwsbiはEcoを持っていますので、比較しながらご紹介します。

キャップの赤いマークの比較です。
Ecoはキャップに、別製造のメダルを埋め込んだようになっています。
Goは、キャップに貼り付けたように見えます。

並べてみるとGoのほうが安っぽく見えてしまいます。

Goはキャップにクリップが付いていません。
ただし、紐などを通せる穴の開いた突起があります。
テーブルに置いた時の転がり防止の目的でつけられていると思うのですが、
突起が小さくて転がってしまいます。

透明な樹脂の軸です。首軸の部分だけ、少し不透明な柔らかな樹脂になっています。
握ったときに指が当たる部分を、柔らかい感触の素材にしたのかなと思います。

首軸の部分は少し細くなっています。

インクは吸引式です。
胴軸を外し、お尻の部分を注射器のようにプッシュしてインクを吸引します。
シュポッ、シュポッと、気持ちよくインクが入ります。

書き味

ニブがMで、インクフローが良好です。
まさに『ヌラヌラ書ける』という表現がぴったりな書き味です。

EcoのニブはEFなので比較にはなりませんが、EcoのEFは細かい字を書くのに適していますが、GoのMは大きな紙にのびのびと書くのに適しています。

なにかアイデアを考えるときに、メモするのに使用すると気持ちよく書けます。

総評

価格も手頃で、使用感も良いものです。
キャップは嵌合式で、文字を書きたいときにすぐに書き出せます。
気軽に使える万年筆として1本は持っていて良いと思います。

おすすめです!

Amazonはこちら
ツイスビー 万年筆 ツイスビーゴー TW10101 クリア
Rakutenはこちら
TWSBI(ツイスビー) 万年筆 GO Clear(ツイスビーゴー クリア)

-万年筆

Copyright© ほっこり文具 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.