万年筆

無印良品 MUJI アルミ 万年筆のレビュー

更新日:

MUJI アルミ 万年筆について

MUJI(無印良品)の文具は充実していますね。文具メーカーの商品をOEMで発売していたりします。ゲルボールペンのサラサのOEMのボールペンも、MUJIから発売されています。

購入動機

万年筆を使っているうちに、安くて手軽に使えるものがほしくなる時期がありました。
その頃、100円ショップで格安の万年筆を買ってみたり、雑誌に付録として付いてくる万年筆を使ってみたり、国内メーカーの安い万年筆を買ってみたりしました。

そしてネット広告か何かで、MUJIから万年筆が発売されているのを見て、購入してみようと思いました。

自宅の近くやオフィスの近くのMUJIの店舗では取り扱いがなく、有楽町の大型店舗まで買いに出かけました。

定価で1,090円(税抜)です。

デザイン

ボディ全体がアルミでできています。プラスチックや樹脂の万年筆を持ちなれていると、意外と重いなと感じます。

スリムなストレートなデザインです。古い表現かもしれませんが、近未来的なデザインと言っても良いのでしょうか。
キャップが尻軸にすっぽりと嵌ります。これは格好良いデザインだと思います。

MUJIの通販ページでは、『ファイン』となっていますが、国内メーカーの中字くらいの字幅です。

カートリッジはMUJIでも販売していますが、一般的なヨーロピアンタイプが使用可能です。
いろいろなインクの色を使用したいという方は、他社のカートリッジを使えますね。

書き味

ニブはスチールです。先にも書きましたが、少し太めの線幅です。
インクフローは良好で、滑らかな書き味です。

若干重たく感じます。軸が細めなので、重みがなおさら感じられるのかもしれません。

アルミ軸の、筆記時に指があたる部分が、ざらざらしています。
滑り止め効果を狙ったデザインなのでしょうが、ぼくは好きではありません。
指が敏感な方、力を入れて握ってしまう方は、指が痛くなるでしょう。

総評

近未来的で格好良いデザインだと思います。

しかし、使用していて何点か欠点を見つけてしまいました。

首軸のざらざらで筆記していると指が痛くなる。
考えすぎかもしれませんが、冬にはアルミ軸は冷たく感じるのではないかと思います。

ただし、樹脂やプラスチックのデザインに飽きた方には良いのではないでしょうか。
ヨーロッパのポルシェ・デザインなどが好きな方には良いでしょう。

AmazonやRakutenでは、プレミア価格になってしまっています。
購入したい方は、大きめの無印の店舗で探してみてください。

-万年筆

Copyright© ほっこり文具 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.