万年筆

プラチナ万年筆 #3776センチュリー ブルゴーニュのレビュー

更新日:

#3776センチュリー ブルゴーニュについて

プラチナ万年筆の、#3776センチュリーのシリーズで、半透明の軸素材を使用した万年筆です。

ブルゴーニュはワインの色、シャルトルブルーは、フランスのシャルトル大聖堂のステンドグラスの色からちなんだモデル名のようです。

このセンチュリーには、いろいろなモデルがありますね。

購入動機

もともとは、シャルトルブルーを購入したかったのですが、なぜか1万円(税抜)がもったいなく感じ、同じような色合いのバランスを購入しました。

その後、お金に余裕が出てきたというわけではないのですが、このブルゴーニュを見ているうちにほしくなり、購入しました。

ブルゴーニュを買おうとしたのではなく、シャルトルブルーを購入しようとしたのですが、細字がブルゴーニュしか在庫がなかったため、ブルゴーニュを買いました。

デザイン

軸は樹脂製で、半透明です。
太陽の光や、室内灯に照らすと一層きれいに見えます。

先端部分が丸くなっているバランス型です。
ぼくはモンブランのマイスター・シュテュックの尖り気味の丸みが好きなので、このブルゴーニュの丸みはあまり好きではありません。

ニブは14金です。
そう思っているのはぼくだけかもしれませんが、ニブの形は魚のエイに似ていると思います。

書き味

筆記感はとても硬く感じます。針で紙を引っ掻いているような感触です。
購入したばかりだからそんな感触なのかなと思っていました。

後日、万年筆売り場で、おなじブルゴーニュの中字の試筆用の万年筆があったので試したのですが、同様にカリカリした感触でした。
ニブの形状がそうさせるのかなと勝手に思い込んでいます。

インクフローが渋いのにも原因があるかもしれません。
いつか調整して、インクフローを良くしてもらったら、筆記感も好きになるかもしれません。

総評

このブルゴーニュの万年筆ですが、見た目の色合いは大好きです。
バランス型の形状は可もなく不可もなく、といったところです。

ぼくにとっては、ニブの筆記感の相性がよくないようです。

細い字をカリカリした感触で筆記するのが好きな方には良いかもしれません。

Amazonはこちら
プラチナ万年筆 万年筆 センチュリー ブルゴーニュ 細字
Rakutenはこちら
プラチナ万年筆 万年筆 #3776 センチュリー ブルゴーニュ

-万年筆

Copyright© ほっこり文具 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.