ペンケース

3本挿しペンケースのレビュー

投稿日:

3本挿しペンケースについて

勤務先の上司が、これとよく似た本革でできたペーケースを使っていました。

ファスナーやスナップはなく、革と革を縫い合わせた隙間にペンを挿入するタイプです。

見ていて格好良いなと思い、ずうっとほしかったのです。

購入動機

上司が持っているのを見て、ネットで検索したのですが、思ったよりも高価で手を出せずにいました。

ところが、万年筆売り場を見ていた時に、このペンケースを偶然に見つけたのです。

価格もそれほど高価ではありませんでした。
はっきりと覚えていないのですが、1万円以下だったと思います。

デザイン

表面は、柔らかい本革です。ネイビーブルーとパープルの2色使いになっています。

革の素材は、牛革か山羊革か。どちらか不明です。

裏面は、スエード素材になっていて、筆記具を守ってくれます。
価格が安い製品に多いのが、裏面に人工皮革を使用しているもの。
人工皮革は、経年劣化でべとべとになることがあります。

この点は、よく作られているなと感じました。

実際に収納できるペンですが、写真に写っている万年筆は、セーラーのプロフィット21と、プラチナの#3776センチュリーです。

マイスター・シュテュック146、スーベレーンM800までは入りました。
デュオフォールドのセンテニアル、デルタのドルチェビータオリジナルは入りませんでした。

細すぎるペンだと、落下の可能性も考えられますので、持ち運ぶ際には細心の注意が必要です。

総評

万年筆を数本携帯する際に適したペンケースだと思います。
上部がすくしめくれるので、ペンが取り出しやすいです。

ぼくは今、あまり万年筆を持ち歩かなくなったので出番がないのですが、大切に保管しています。

人とは違うペンケース。おしゃれですしおすすめです。

Amazonはこちら
[シルヴァノビアジーニ] 3本挿しペンケース 7848319 ブラック/ホワイト
Rakutenはこちら
SILVANO BIAGINI シルヴァーノ ビアジーニ ペンケース GREY (グレー) 3本挿し

-ペンケース

Copyright© ほっこり文具 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.