ボールペン

LAMY SAFARI ローラーボールのレビュー

更新日:

LAMY SAFARI ローラーボールについて

LAMYのSAFARIシリーズを使用している人をよく見かけます。
文具店で売場でもよく見かけます。
LAMY製品の中でも、それだけメジャーな商品なのですね。

SAFARIのラインナップには、万年筆、ローラーボール、油性ボールペン、シャープペンシルがあります。

万年筆を使うのは面倒に感じる。けれどもボールペンの硬い書き味は苦手。という方に、ローラーボールが選ばれるのではないでしょうか。

購入動機

何年も前から、SAFARIの万年筆は使用していました。
それこそ、現在では何本持っているかわからないくらい購入しています。

また、ボールペンも、限定色のアクアマリン、レギュラーモデルのクリアを購入しています。

ローラーボールに関しては、一度も購入したことがありませんでした。
1本くらいは持っていても良いのではないか。そう思った時期に、ネットの記事で、サファリのローラーボールの芯を、国内メーカーのものに交換する方法を見たのです。
そのタイミングで、購入を決意しました。

デザイン

サファリの万年筆とほぼ同じ外観です。

キャップの天蓋部分が、万年筆はプラス(+)、ローラーボーロはマイナス(ー)になっています。

目立たないので、実際にはキャップを外してみないとどちらなのか判断するのは難しいかもしれません。

ローラーボールも、筆記時に指で握る部分に面取りがしてあり、持ち方を矯正するようなデザインになっています。
ぼくはこの面取りがあまり好きではないのですが(笑)

書き味

字幅は、国内メーカーの万年筆の中字(M)よりも太い気がします。
ノートに細々と小さな文字を書くのには適していません。

何かアイデアを生み出す際に、大きな紙にイメージを書き殴るのには向いているでしょう。

インクフローは良好で、過度に紙の上をペン先が走ってしまいます。
書き味が軽すぎて、普段書いているよりも字が汚くなります。
これはぼくが慣れていないだけかもしれませんが。

万年筆以上にさらさらと書けます。

総評

万年筆の書き味が好きだけれど、手入れなど面倒なのでという方。
あるいは、万年筆を使うにはちょっと大げさだけど、ちょっと格好良く仕事したい、と考えている方には良いでしょう。

これはこれで良いのですが、見た目を気にせずに、書き味だけで考えたら、サラサを選ぶのも良いかもしれません。

Amazonはこちら
LAMY ラミー ボールペン 水性 サファリ レッド
Rakutenはこちら
LAMY safari(ラミー サファリ) ローラーボールL316 RB レッド

-ボールペン

Copyright© ほっこり文具 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.