ボールペン

カキモリのローラーボールのレビュー

更新日:

カキモリは、台東区の蔵前にある文具店です。

オリジナルのノートが作れるお店として有名ですね。
ぼくはオリジナルのノートには興味はありませんでした。

そのかわり、オリジナルの万年筆やローラーボールペンを出していたので、そこで興味を持っていました。

購入動機

数年前に、雑誌かネットか忘れましたが、この商品の記事を見て、どうしても欲しくなり、店舗に行きました。

平日の夕方に訪問したのですが、たくさんのお客様でにぎわっていました。
みなさん、ノートを制作するのが目的だったように思います。

店舗内をさまよい、奥の棚にこのローラーボールペンがあるのを発見し、購入しました。

デザイン

そのころに流行していた透明軸を採用しています。
コンバーターも付属していました。
コンバーターの規格は、ヨーロッパタイプのものです。

モンブランやデルタのコンバーターも使えるはずです。
カートリッジも、同様にヨーロッパタイプのものが使えるはずです。

このコンバーターは、おそらく付属していたものではありません。

インクは、モンブランのロイヤルブルーを入れています。

書き味

少し太めのローラーボールペンです。
写真は、フリクションの 0.5 との比較になります。

国内メーカーの万年筆の、中細くらいの字幅でしょうか。

筆記する際の角度があわないと、書き心地はあまりよくはありません。
インクフローが安定しなくなってしまうのです。
長く使用していて慣れてくるかなと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

ペンを立てて書いてしまうとインクが出なくなります。
45度くらいに傾けて書くとインクフローがよくなります。

カキモリのホームページの注意書きページを見ると、『カキモリの顔料インク専用』と書いてありました。

顔料インクの場合、放置すると固まってしまいますので、おすすめしません。
普通の万年筆のインクの使用をおすすめします。

総評

好きなインクでローラーボールペンを使用したい場合にはよいでしょう。
筆記する際の角度が合う人には良い商品だと思います。

-ボールペン

Copyright© ほっこり文具 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.