ボールペン

ステッドラー コンクリート ボールペンのレビュー

更新日:

ステッドラー コンクリート ボールペンについて

ステッドラーはドイツの文具メーカーです。

ぼくのイメージでは、製図用品を多く取り扱っているように思いますが、色鉛筆やクレヨンも製造しているようです。

鉛筆は、軸がブルーのものが有名ですね。

そんなステッドラーから、コンクリート軸のボールペンが発売になりました。

購入動機

ステッドラーの、ボディがコンクリートでつくられてボールペンです。
雑誌で見て興味はあったのですが、買おうという気持ちにはなりませんでした。
コンクリートブロックを想像してしまい、ごつごつして手触りがよくないかなと思っていたからです。

しかし、ツイッターで購入した人の感想を読んで、興味が増しました。

別の用事で文具店に行った際に、このコンクリートのボールペンを偶然目にしました。

そして、『買ってみよう』と思い、買いました。

定価で3,000円(税抜)でした。

デザイン

軸は、不思議な六角形をしています。
写真に撮るのが難しかったのですが、わかりますか?

変則的な六角形です。

持ちやすいとか、持ちにくいとかはありません。

軸はコンクリートでできています。
ずっしりと重いのかと思いましたが、そんなに重くはありませんでした。

ノック部分の先に、ステッドラーのシンボルマーク、中世の戦士の横顔が浮き彫りになっています。

書き味

書き味は、良くも悪くも、海外メーカーのボールペンです。

セットされている芯は中字のMです。
書き出しはインクが出てこないことがよくあります。

書き始めてインクが出てしまえば、ぬらぬらと太目の字でインクが出てきます。

芯は、G2規格です。パーカータイプと呼ばれたりしている規格です。
Mだと書きにくいので、細字のFに変更しようと思います。

統一規格の芯を使っているので良いですね。

コンクリートの素材は、硬すぎたりしないかなと心配でしたが、そんなことはありませんでした。

長時間筆記しても指が痛くなることはありませんでした。

コンクリートの素材は、少しひんやりしています。
夏でもひんやりしているのですが、冬にはどうなるのか気になります。

総評

コンクリート素材の軸を使っているということで、話題にはなるかと思います。

ただ、ステッドラーや、コンクリート素材のボールペンが発売されていることを知らない人には、まったく認知されないでしょう。

文具好きの人たちでは話題になるでしょうが、一般には知られていません。
あくまでも自己満足の世界になるかもしれません。

長く使ってコンクリートの経年変化を楽しむにはよいかもしれません。

Amazonはこちら
ステッドラー ボールペン コンクリート
Rakutenはこちら
コンクリート ボールペンステッドラー

-ボールペン

Copyright© ほっこり文具 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.